2/15からのNVCクラス募集はじまりました

関係を失う前に、コミュニケーション偏差値をあげる簡単な魔法

デートしていた彼と、ひとことが原因で関係性を終えました。
彼からは「そんな一瞬のことで」と言われましたが、関係性が失われるのって「ひとこと」が原因なんです。
じゃあ何も返信しないほうがいいのか?という考えも湧くかもしれませんが、愛の反対は無関心なので、返信しないのはワーストコミュニケーション
何かは返す必要があり、何をどう返すかが大切。
一番安全でヒット率の高い正解は「共感」「相手が受け取れる形で」返すこと

私の愛情を消しさった言葉は「しっかりしなよ」でした。詳しくはこちらを。

あわせて読みたい
愛情が終わるときの感情の構造分析 デートしていた人への愛情が今日なくなりました。烈火のような怒りと悲しみの合間を行き来して、恋人や夫婦の間でよくある簡単なミスコミュニケーションからの終焉なん...

私がテンパっていて勘違いから切れ、ボタンの掛け違いから終焉。ほったんは一言で、その後のやりとりのすべてがネガティブコミュニケーションだったので、愛情が完全燃焼しました。
それをずっと考えています。いい関係だったから、どうだったら火をたやさずにいられたのかな、と。
コミュニケーション方法を仕事にするくらいのオタクによる考察です。

記事を書くのはいつも、自分を分析することで痛みの原因を特定し再発防止をすること。

言い方の問題を分析する神ツール

これは実は「一瞬のこと」ではなくて、何枚も蓄積された層があってのこと。
とにかくメッセージが苦手な彼。それまでデートの後「気をつけて帰りなよ」「早く寝なよ」的な言葉がメッセージで来るたびに違和感がありました。

(子供じゃないよ。凡庸。ロマンチックじゃない)

彼の文章力がないことが誤解のもとになることは何度かあり、ふたりの間で笑いとともに共有されていたので諦めてきました。
変わらないものを変えることはできないから、彼の言葉の裏にあるだろうニーズを見るようにして、愛や優しさなんだなと、その心根だけを受け取ってきた。
いま改めて、その違和感の根っこに迫ります。
このプロセス、早期にやっておいて共有して、私がそのコミュニケーションスタイルが嫌いだってわかっていてもらえてたら、今回彼は違う言葉を選択していてお別れにいたらなかったかもしれません。誰かが諦めたり我慢すると、その関係性すべてに結局被害が及びます。

彼とは数年前にもメッセージのつたなさからケンカがエスカレートしてお別れしていて、その時から比べると劇的に私への優しさとメッセージスキルが高くなっているので、苦手なことをとても努力してくれていたことは理解し感謝しています。
私はコミュニケーションの専門家で文学少女で高度にロマンチックなど変態なので、誤解がなくロマンチックな文章でのやりとりがクリティカルに大切なだけ。彼のせいじゃないです。
お互いのオタク性にフィットするパートナーがいると思います。

さて、私は違和感のある表現に出会った時は、こちらのシートに照らし合わせています。何が気になるんだろう?を占うために。

 

 

講師としてお伝えしているNon-Violent Communication(NVC・共感コミュニケーション)というメソッドで「共感ではないもの」とリストアップされている英語の資料。を、私がカスタムし作り続けている資料からの抜粋です。
これらは日常的なコミュニケーションでよく使うパターンでありながら、人が受け入れにくいものです。
人によって得意なものもあるし平気なものもあるし、やられるとトリガーするものもあります。
私は未来志向で戦略性が強いのと、コーチやプロデューサーという「アドバイス」を与える仕事をしているので、つい「8.アドバイスを与える」をしがち。それが相手によってはうっとおしがられる時もあります。ただ寄り添ってほしいだけという人も多いので。
同じように未来志向で戦略性が強い人の場合は、これをやられるとうれしくなります。

というように、コミュニケーションスタイルは個性があります。
クラスのデモセッションでは、それやられると「この人にはもう二度と話さない」「この人には絶対私の真実を話さない」と言った意見がよく出ます。
「同僚が表面的で本心を話してくれない」とか「妻が何考えてるのかわかりません」みたいなケースは、それまでのコミュニケーションで信頼できる関係性を損なってしまっている可能性があります。
自分のコミュニケーションのクセにきづき、うとまれにくいよう見直すのって大事です。
詳しくはクラスでお教えしています。これ知らないで言葉を安易に使ってると事故ります。
この11個を使うな、ということではなく、それが持つインパクトを理解しておくといいよ、ということです。

あわせて読みたい
NVC基礎クラス 自分に誠実でいながら苦手な人が減り、優しさを最大化して誰とでもつながれるコミュニケーション方法があります 生きづらさはコミュニケーションの不具合から来ます。同...

「気をつけて帰りなよ」「(打ち合わせに遅刻したことに対して)しっかりしてよ」という言葉に私がショックを受けるのはなんでなんだろう?
1から11までチェックしていきます。

「気をつけて帰りなよ」には、フェミニスト(=男女が人間として立場が対等であることを大切にしている)部分の私からの違和感がずっとありました。
気をつけて帰るのは当たり前のようにしているし。
そもそも「気をつけないで帰る」ってどういう感じ? 意味あるのか?このメッセージ。英語でも別れ際に「Take care.(気をつけてねー、体を大事にしてねー)」って言うから慣用句か、やっぱ凡庸で心こもってないな。
パートナーや娘でもないのに「オレのもの」扱いされてるようで不快感もあった。なんでそんなことを指示されないといけないのか、と。
「8. アドバイスを与える」「10. 説教する」を感じます。私は自立した人間だし、小学生女子じゃない。
庇護したいとか愛情なのはわかるけど、凡庸な表現で言われるのは響かない。


「しっかりしてよ」については、「5. 火に油を注ぐ」が少し。「9. ダメ出し」「10. 説教する」「11. 評価・判断・批判」もあると感じます。
電車で移動中に、何が悪くて1時間近い遅刻になっているのかわからずパニックになっている私に「レミがしっかりしてないからそうなったんでしょ」とダメ出しされ、私のパニックに火に油を注がれ批判された気がした。その上で「しっかりしようよ」と説教された気がしたのだと思います。歩いていても体がプルプルするような、ふだん体験することのない激怒が体に生じていました。

絶対避けたい「あるある・ヴァイオレント・コミュニケーション」

「9. ダメ出し」「10. 説教する」「11. 評価・判断・批判」は、私が「あるある・ヴァイオレント・コミュニケーション(AVC)」と呼ぶ、人間関係へのダメージが大きいTOP3
そうかあ、言葉自体は「しっかりしなよ」というシンプルさなんだけど、そこに私は最高水位の暴力性を見たんだなあとわかります。

このデモは個性が出て面白いクラス。1から8までのコミュニケーションは好き嫌いがありますが、このTOP3に耐えられる人は少数。
これまで「9. ダメ出し」「10. 説教する」「11. 評価・判断・批判」にある、「課題発見、問題解決」能力の高さが近代社会では求められてきました。特に管理職にある人はそれが仕事だったりもしますが、これ万人のやる気を削ぎ、関係性を破壊します
ダメなものとして扱われることで、人はダメなものになっていく。
ポスト近代社会を作っていく時代のコミュニケーションでは使わないことをお勧めしたいです。

嫌味は世界に存在する必要がない

追って彼から「月末月初で会計が忙しかった。経営してたことあるならわかるでしょ」というメッセージが届いたことで、よけい心の距離が広がりました。
経営してたことあるならわかるでしょ」が私には嫌味に聞こえます。
嫌味も「9. ダメ出し」「10. 説教する」「11. 評価・判断・批判」の亜流ですね。
そこに理解・配慮がないお前はダメだ、わからせてやる、が匂う。
そして、こちら側は、そう扱われたとわかるから不快になり、あらがいたくなり攻撃的な返信をする、という負の連鎖・こぜりあいがいたるところで起きる。
その旧パラダイム(世界観)のコミュニケーションに私は本当にうんざりしていて、だからNVCを伝えているし、彼にも共有して欲しかった。本当に人間関係が穏やかになるから。
彼が本来持っている優しさや思いやりの大きさを愛おしく思っていたから。
頭の回転がはやく仁義が強いぶん、善悪二元論も強く無意識に人の行為をさばきがちな個性がある彼。
その判断力を知性としとどめながら、優しさや思いやりがストレートに相手に届く物言いを彼ができたら、彼のユーモアや明るさとともに世に輝いて、とてもステキなアートだと期待をしていた。

それは、彼がしたければそうなる。
私がAVCの得意なパワーオーバーな経営者から、愛でいっぱいの共感的なコミュニケーションが柔軟にできる優しい人に180度チェンジしたように。
これはテクニックなので誰でも変化できる。
変化したいと切に願ったならば。

しゃべる前には「3つの門」をクリアせよ!

NVCの習得には時間がかかります。感覚では最低2年、毎日意識して使うこと。
併用して、ごく簡単にコミュニケーション偏差値を10ポイント(当社比)上げるテクニックがあります。
8年前にロビン・シャーマというアメリカのビッグ・コーチの本で知ったものです。
仏教からの教えとも神秘家のルーミーが出典とも言われます。

いい格言ってだいたいブッダかルーミーなので。「人類の役に立つ口伝」くらいの理解でよいかと。

 

話す前には3つの門をクリアせよ

1. その言葉は真実か
   ↓   
2. その言葉は言う必要があるか
   ↓  
3. その言葉に思いやりはあるか?

その3つの門をクリアした言葉だけが世に放たれてよい。

 

私は嫌味センサーが発達しています。東大法学部出身、超インテリ、ブラックユーモア好き、皮肉で嫌味な父親のコミュニケーションにうんざりしてきましたため拒絶反応が強くて。嫌味は人とのつながりを遮断するなーって感じてます。
父は損な性格で愛され下手で59歳でなくなりました。
嫌味な人って嫌われるけど、本人はつい出ちゃうみたいで直しようがないみたい。
ユーモアやつながりのニーズがひそんでいることもあります。
この「3つの門」を意識すると、おのずと嫌味は出なくなると思うので、嫌味な家族に悩んでいる人はさりげなくトイレに貼っておくといいかも。「by ブッダ」って書いて♡

上の例で言うと「経営してたことあるならわかるでしょ」は100%いらないと思います。
私は小切手や手形決済をしない事業だったし外部借入金もなかったので、月末月始に忙しくはなかった。
なので、わかんないです。経理の選任も置いていたし、私が月次決算を見るのは翌月の10日でした。
なんなら、五十日(ゴトウビ)でないのは確認した上で彼とやりとりしてます。過去に五十日は忙しいという話が何度かあったので、配慮はしたのです。

1. 経営者が月末月初に忙しいというのは、真実ではない
2. 言う必要もない
3. 思いやりもない
自分への思いやりが欲しいのであれば、ストレートにそう言ったらよい。
「オレにも配慮をして欲しかった」っていうニーズと仮定しリライトするならばこんな感じ。

Before「月末月初で会計が忙しかった。経営してたことあるならわかるでしょ」

After「今日12/2で、月末月初の会計繁忙期なんだ、実は。レミがパニクってた15:30は会計処理のさなかで忙しくて、レミとのコミュニケーションをていねいにすることができなかった。理解してもらえたらうれしいな」でよいと思う。

私がコーチングやNVCを身につけ始めて8年。こういう客観事実ベースで誰のことも責めないし自分に卑屈でもないフラットなコミュニケーションができるようになってから、コミュニケーション上のトラブルが9割なくなりました。
今は人とコミュニケーションエラーで大きくぶつかることが年に数回しかなくなりました。
小さな情報の行き違いは起こるけれど、事件化しない。

ので、今回の件は大事件! つい立ち止まってプロセスする時間をとり、2つも記事を書いてしまった。

たぶん人が嫌味を言ってしまうのは、大切にして欲しいから。または大切にしてもらえなかったことへのリベンジなんだと思います。
理解して欲しい、自分の持っている情報レベルを共有して欲しい、自己価値観が低いから論理武装していないと不安、本当はリラックスして天真爛漫にしていたいけど世界はあまりにも攻撃的だから防御または先攻しないとサバイバルできない、といった心理があるのではないかな?

あるいはユーモア。
よく「冗談のつもりで言った」ことが事故るシーンってありますが、ことに短い文章では意図が伝わることがとても難しいものです。その人のプレゼンス(存在)や声があって初めて命がのるものだと思う。リカバリーできるリアル30cmの距離感で使わないと危ないんじゃないかな、と思います。

本質的にはつながりたくて発している言葉が、その純粋な意図のまま口を出て、誤解なく相手に伝わるためにはいくつかのポイントがあります。テクニックと知識で十分カバーできる。
日本ではそういう教育が学校でされないので、独学するしかないのが残念ですが。
つながりを強化し、互いの優しさや笑いや信頼や愛を増やすための言葉を選んでいこう♡

手に取りやすいところでは、ベタですがこれいいと思います。


トップの写真は、NVCのLP(カリフォルニアで開催されるNVCオタクのためのリーダーシッププログラム)のテキストから。改めて明晰で美しいなあ♡「課題解決に動くのは、つながりがしっかりとできてから」

くふうとまほうのサービス

連続クラス・サロン

bliss★天職デザインコーチングプログラム(全8回)

無敵のコミュニケーション(NVCxコーチングxMagic)基礎クラス(全8回)

NVC子育て人生相談

その他、共催や単発イベント情報はカレンダーから

個人セッション
スピーディーに人生の詰まりを取りたい時や、コーチングが必要な時は個人セッションが早いです
癒しと明確さが満たされると言っていただいています。

話している私の様子はこちらからどうぞ
東京アーバンパーマカルチャーで、ギフトエコノミーについてトークした動画があります
目次
閉じる