ありがちな「評価の言葉」の奥にある感情とニーズ逆引きシート=NVCのアンチョコ

「人生はRPG(ロール・プレイング・ゲーム)」と考えています。
人生には失敗も回り道もなくて、必要な出会いがあり、経験値を積み成長する体験があるだけ
私が10年前についていた名コーチは「正解の道を選ぼうとするんじゃなくて、選んだ道を正解にしていくのよ」と励まし続けていてくれました。
「失敗も間違いもない」って思って生きていると、心穏やかで他人と比較することもなく、毎日自分の成長を感じ感謝しながら、瞬間瞬間を幸せに生きることができます。思うのとやるのは別で、そのあり方が自然体になるには随分と時間がかかりました。
NVCやパーマカルチャーやマインドフルネスや、ヨガなどの精神性に出会い、通底する効率的に幸せになるための科学とも言えるような学びを反復するうちに、筋肉のようにしなやかに活用できるようになりました。
それまでの40年以上は「ねばならない」で生きてきました。「こういう人はいい人、こういう人はダメな人」「私はダメ多め。性格悪いし時間にルーズだし頭悪いしきれいじゃないし。だから矯正して、少しでもいい人かつ社会で使える人にならなくちゃ」と。
それは、人にも自分にも批判的・評価的でギスギスした人生でした。

「ねばならないワールド」でアルアルな56の思い込み

そんな「ねばならないワールド」で耳にしがちな「思い込み/評価/ストーリー」があります。
カリフォルニアで開催される「リーダーシップ・プログラム(通称LP)」で出会った仲間が使っている「アルアル評価一覧」を見た時とっても驚きました。その便利さに。
NVCを継続的に学ぶ大きなつまづきの原因に「評価」と「観察」を分けられない。というものがあります。
自分の思い(込み)が強すぎたり、「私は直感が鋭い」という人にありがちな先入観を盲信して、目の前の現実を見誤り、結果コミュニケーションエラーになることがあります
それはさながらど近眼になっちゃうメガネをかけているようなもの。
そんな時には、自分が持っている「アルアル・メガネ」をいったん外してみて「間違っているのは、世界ではなく、私の方かもしれない」と疑ってみる勇気が必要です
でも、すでに誰かや自分に対してエネミーイメージ(敵対心)を持っちゃっている時に自分を疑うのはなかなか難しい。
そこでこのシートの出番!
ここには、私たちがよくかけてしまいがちなメガネのレンズがリストアップされています。
その数56個。
人がこういう「思い込み/評価/ストーリー」を話し始める時は、だいたい裏にはこういう感情やニーズが張り付いていることが多い
、と看破したトレーナーたちがリスト化を続けているものです。
世界中で、似たようなリストがgoogleで探しあてられます。

(たぶん)世界初、日本語のアンチョコ

そんな便利な一覧表なのですが、感情を表す英単語は難しすぎる。。。右から左へ日本語に訳してしまうとオリジナルの英語が持つ文化的な背景やニュアンスが変質してしまいそうで気になっていました。
そんな折、世界一尊敬する英会話の先生・めぐちゃんにリストをお見せすると、和訳をしてみたいと!
持ち前の英語オタク♡の情熱で訳し、使いやすいように順番を変更したり複数のリストにあたって統合し、日本の文化で使いやすいようにまとめあげてくれました。
これ、ほんといい表です。めぐちゃんの労力へ感謝が湧きます。
めぐちゃんにはNVCへの愛とギフトの精神があり、無償で誰にでも提供しています。
シートはめぐちゃんのページからどうぞ。

リストの部分抜粋。随時めぐちゃんが更新しています。

このシートを使ったクラスは人気で感動的なデモ・セッションが続いています。心の深いところや、人生でやり続けてきたパターンにタッチするような瞬間もあり変容に見惚れます。プライベートな内容にてシェアが難しいので、私の使用体験談をシェアしてみます。
クラスでみんなの発言待ちをしている間に「私も軽くやってみようかな」と出来心で使ってみたらいきなり深いところにいっちゃって(笑)ものの2−3分での気づきです。

リストはこう使う

「左端の評価の言葉リストは直視するのが痛い」とおっしゃる方がいました。なるほどそうかも。
私、なんかあるかなあ?とみていくと「見くびられた」という評価でピタッと目が止まります。
過去、恋人たちから「NVC教えてるくせに思いやりがない」「プライドが高い」と批判されることがありました。
「NVC知らないくせに。それをいいことに暴力投げてくるのどうなの?」「プライド高い?上等。私の人生から出てけばいいじゃん」って開き直ってました。言わないけど。
にっこり笑って速やかにご縁を終了いたす。暴力的な応酬が少し続くこともあります。

注:NVCは関係性をあきらめないコミュニケーション方法。分断(切り捨てる)も暴力なので、これはまったくもってNVC的なあり方ではないです。愛した人とつながり続けることをあきらめない、という選択ができないほどの痛みが自分にあるんだね、と見ていきます。

NVC学んで6年、ほぼ人とぶつからないので気になってました。
「見くびられた」なんて感じていたのか、びっくり。
「マジで?他の表現あるんじゃないの?」と前後の評価の言葉もパパッとチェック。
「侮辱された」「過小評価された」「批判された」なども気になります。

それぞれ右に行って感情とニーズの一覧をチェックすると「ありのままの自分を見てもらうこと」というニーズが突出して刺さってきます。うん、このニーズだな。と腹にも確かさを感じます。さらに英語のオリジナルでチェックすると、
見くびられた=Belittled(ちっちゃくされた?)のニーズは、respect, autonomy, SEEN FOR TRUE SELF. acknowledgement, appreciation.

ニーズにタッチすると、細胞が反応する感覚があります

「本当の私を見てもらうこと」。ムムム、めっちゃ響く。子供の頃から「わがまま」「金がかかる」など周りの大人からラベルを貼られ続けていて「本当の私を見て!」という思いが強かったかもしれません。昔したプロセスで「そんなに私には価値がないの?!」っていう怒りや嘆きを発掘したことがあって、地つながりかも。記事はこちら。

あわせて読みたい
インナーチャイルド・プロセスのデモ with 共感コミュニケーション【恋人とのすれ違い編】
インナーチャイルド・プロセスのデモ with 共感コミュニケーション【恋人とのすれ違い編】彼とのコミュニケーションがうまくいかずお別れしました。お別れしてから丁寧に話し、誤解や思い込みによるすれ違いだったことに気づきましたが、もう遅い。悲しみの底...

ニーズがこれ↓だったら・・・

respect(敬意)
autonomy(自立・自主性)
ありのままの自分を見てもらうこと
acknowledgement(私の質感では→みとめられること・そこにいるんだねと承認されること)
appreciation(私の質感では→真価を認め賞賛されること)

そりゃプライドが高いわけだ・・・。我がことながら、明るく納得!
「レミはプライドが高いから(わがままで金がかかる、を含めてもいいのかも、不本意だけど)」は、振り返ればほぼすべてのBFや元夫に言われすぎてて、「そんなことない!(あえていうならdignity(尊厳)でしょ、語彙が乏しいんじゃないの?)」と割り切ってきてて気にしてなかった(笑)
「誤解で私を裁くんじゃなくて、まっすぐ私を見てから物言いなさいよ!」的な怒りがギンギン溜まっているのでスイッチ作動しちゃうんでしょうね。
NVCでは「相手の言動は刺激にはなるが、原因にはならない」と言います。
相手には相手の事情があるだけ。それがわたしのスイッチに触れてわたしに感情が起こるのの、感情の責任はわたしにあります

で、今後はどうする?

そこまで自覚できたので、次回からは、内心ブチ切れて関係性を永遠に断つという暴力的な方法を選ばず、まずは「本当の私を見てもらってない気がして驚いてるし悲しい」って伝えられる気がします。
人間関係は鏡なので、相手も同じことを感じていたであろうことにも心を寄せつつ。

めぐちゃんと、評価リストを使ったオンラインクラスします


『裏切られた・利用された・責められた・愛されない…』といったジャッカルの声を「感情・ニーズ」といったキリンのニーズに翻訳し、自分や人との本質につながりましょう♡
すでにNVCの基本を学んだことがある方、そして英語の観点からNVCを深めてみたい方にオススメの講座です。私たちはいくつもの「ストーリー」が重なった海の中にプカプカ浮いては沈むような毎日を過ごしています。NVCを日常生活で使いこなすようになるポイントのひとつに「ストーリーと観察」「評価と感情」を聞き分け、ハートの奥に輝く「ニーズ」の声を聴くスキルを上げることがあります。
難しいと言われることの多いこのプロセス。実は日英の一覧表があります。
この実践講座では、元となる英単語を解説しながら、ジャッカルの声・評価の言葉の質感を学びます。
その後、二人一組になってお互いの話を聞きあい、どんな「ジャッカルの声」が聞こえてきたか、そしてどんな「キリンのニーズ」が聞こえてきたか探り、NVCの実践を深めていきましょう。

●日時●
2020.11.25(水)13:30-15:00

●最小催行人数●
4名

●参加方法●
1)お問い合わせからご参加表明ください
2)こちらのリンク先のご都合のいい金融機関から2,000円お振込ください
3)お振込み先金融機関のご連絡をください
4)ZOOMリンクなどをご連絡します

●ナビゲーター●
廣川めぐみ
自己表現のための英会話を教えながら、NVCを通じて言語の奥にある「言葉にできない」質感を探索中。ロバート・ゴンザレスの講座を英語で受講しながら、世界中の人とボーダーレスに深くつながる経験を積み重ねている。アメリカ・イギリスに計5年滞在しNGOピースボートで通訳者として20カ国旅するなど、一つのアクセントや文化圏にとどまらない、自由で分かりやすい英語を習得。大事にしたいことは「自由な学び・こころの平和」https://kotobanotane.com/

藤井麗美
ライフコーチ/まほうつかい
成蹊大学文学部文化学科卒。UCバークレー エクステンション プロジェクト・マネージメントコース修了。ODAコンサルタント、広告代理店ディレクター、ホテル経営者などを経て40歳で鎌倉に隠居。世界34か国で過ごしたワールドトラベラー。
臨床心理学のカウンセリングメソッドであるNVCなどいくつかの技法を、毎日の暮らしで活用できるようアレンジした「まほう」のレシピの開発をし、講師として伝えている。
2014年からNVCを学び、世界的なトレーナーの講義に参加したり個人セッションを受け続けている。

くふうとまほう のサービス

連続プログラム

bliss★ライフ・リデザイン・コーチングプログラム(全8回)

無敵のコミュニケーション(NVCxMagic)基礎クラス(全8回)

その他、共催や単発イベント情報はカレンダーから

集中的に深掘りしたい方は個人セッションが早いです
考えを整理したいときに。癒しと明確さが満たされると言っていただいています。初回は15,000円(90分)、以降は10,000円(60分)です。

その他講座 私らしい、理想の声をコーチするボイストレーニング【9月】 元NHKアナウンサーのなっちゃんとのコラボです。
私をもっと知りたい方へ
東京アーバンパーマカルチャーで、ギフトエコノミーについてトークした動画があります
目次
閉じる